BINANCEに警告が増えている件について考えてみました

困っている人

最近立て続けに、BINANCEに対して各国から警告が出されているけど大丈夫なの?

これに対して私の個人的な見解を解説します。

BINANCEは、日本国内で認可されていない取引所となります。預けた資産は保証されませんので、取り扱いは自己責任でお願いします。

目次

BINANCE各国での警告・規制強化についての最近のニュース

・日本

6月25日日本の金融庁が、無登録で日本向けに金融サービスを提供していたことに対して、BINANCEに対して2度めの警告を発出しています。

・イギリス

翌日には、イギリスの金融行動監視機構(FCA)が、イギリスでの事業に対して、日本と同様の警告を発出。

・カナダ

27日カナダのオンタリオ州がバイビット、クーコイン、ポロニエックスの各取引所に対して警告や措置を発したことを受け、BINANCEが同州でのサービス提供を停止すると発表。

BINANCEの規制が強化される要因は

BINANCEは、メールアドレスのみで手軽に口座が解説でき、1日2BTCまでは、身分証明書等を開示しなくても取引できます

その手軽さで現在海外取引所では、おそらく世界一の取引額となっていると思いますが、本社の住所については不明となっています。

一時期マルタ島に本社があると言われていましたが、現在は不明というかどこにも登録されていません。

各国の金融庁としては、この辺りの問題や、手軽に口座解説ができることから、マネーロンダリングが起こりやすいとして規制に乗り出しています。

BINANCEは今後どうなっていくの

各国の規制がどのように強化されていくかは正直現在はわかりません。国によって考え方が異なりますし、現在、法定通貨としてビットコインを認めている国もあります。

また、規制が強化されるにしても、すぐに口座が凍結されるとか、使えなくなるということは無いと考えています。取り扱い金額が膨大なため、猶予期間が設けられると思います。

先日のカナダのオンタリオ州の場合、BINANCEは、22年の12月で取り扱いを終了すると猶予期間を設けました。

日本の場合は、現在日本では認可されていない為、日本円が使うことができず、別で用意した仮想通貨を送金するなどでしか使うことができません。規制されるにしてもこの部分は変わらない感じがします。

どちらにしても、今後どうなるかはわかりませんので、最新の情報を常に意識することと、状況によっては、取引をやめて資金を引くことも考えておいたほうが良いと思います。

すぐに引き出せなくなるとは考えにくい為、自分としては、当面現在のペースで使っていくつもりです。使っている個人に対しての規制は現在のところありません。

BINANCEのメリット

BINANCEは、現在世界で多く使われている通り、非常に手軽に口座解説や取引ができるのが特徴です。レンディングサービスの取り扱いもあり、手軽に仮想通貨を貸して増やすことが可能です。

取り扱い通貨が凄まじく多く、よくわからない通貨も多いためここは使い方に注意が必要です。

BINANCEの使い方や、レンディングサービスについて、次の各記事で紹介していますので、よろしかったらどうぞ。

こちらのリンクから口座開設をすると手数料が10%キャッシュバック!

私の仮想通貨積立方法

私の場合、毎月BTC10,000円、ETH10,000円を積立、BINANCEへ送金。レンディングサービスなどを使って増やしています。

①BTC 10,000円・ETH10,000円 指値で積立
②BINANCEへ送金
③BTCは、半分BNBにスワップ、リキッドスワップで運用
④ETHは、Venusprotocolにて運用
⑤Venusprotocolで他の通貨を借りてパンケーキスワップで運用

このような流れで、仮想通貨のレンディングをして増やしています。
基本的には、BTCとETHしか買いません(一部BNBにスワップしてます)。他のアルトコインはあまり信用できないため、比較的堅実な運用方法だと考えています。

直近で仮想通貨を始めてしまった人は、含み損を抱えていると思いますが、ただホールドして上がるのを待つだけでなく、運用することもできますので、諦めずに色々調べてみることをおすすめします。

ただし、それぞれリスクはありますので、自分で納得してから始めましょう。

仮想通貨は送金手数料がかなり高いので送金手数料が無料の取引所がおすすめです

まとめ【BINANCEがすぐに使えなくなることは無いと思います】

仮想通貨は、国家や国境を超える新しい通貨としてまだ法律や税金関連などの整備が追いついていない為、規制の対象となったり様々な障害がありますが、取り扱い金額が大きくなり、大手企業も参入を始めています。また、仮想通貨ETFの上場も近く実施されることも考えると、現在は価格が下がってきていますが、将来的にはまだまだ上がると自分は考えています。また、BINANCEに関して言えば、本社所在地不明となっていますが、同様な、仮想通貨大手のコインベースも本社を廃止すると発表をしています。本社がない企業というのは、今後の新しい会社のあり方になってくる可能性があり、大きく世の中が変わる感じがしています。

できれば、国内企業がBINANCEのようなつい買いやすいプラットフォームを作っていくれると安心感があり助かるのですが。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代サラリーマンが、新しいことにチャレンジということでブログを立ち上へました。投資・副業にチャレンジしてセミリタイアを目指します。投資では現在月40,000円程度コンスタントに確定利益を出せるようになってきました。主にトラリピ、トライオートETF、インデックス積立で資産運用しています。最近は仮想通貨にも力を入れています。運用実績、運用方法などを発信します。

目次
閉じる