仮想通貨の積立方法、販売所・取引所の違いを解説

困っている人

仮想通貨を始めてみたいけどどうしたらよいかわかりません。取引所と販売所って何が違うの?。おすすめの積立方法を教えて下さい。

こんな悩みを解決します。

簡単に自己紹介します。
40代のごく普通のサラリーマンです。30代かから投資信託を中心に積立投資を始めましたが、なかなかセミリタイヤするまでたまらず、最近は一部をトラリピ、トライオートETFなど自動売買にも回して資産運用をしています。今年から仮想通貨も再開しました。
自動売買では、月平均40,000円ほど利益を出しています。積立も合わせて早期リタイアを目指して運用をしています。

仮想通貨は毎月一定の金額を積み立てていきましょう

目次

なぜ仮想通貨は積立? 仮想通貨はまだ伸びる

これはここ1ヶ月のビットコインのチャートですが、460万から600万まで1ヶ月の間に大きく動いています。
大きな変動はあるものの、これからも伸び続けると予想しています。

テスラに続いてマイクロストラテジーが買い増しの発表をしたり、香港での上場企業「Meitu(美図)」が財務資産の一部として43億円相当のビットコインとイーサリアムを購入したというニュースもあり、大きく上がる要素となっています。

大手企業の参入などにより、今後仮想通貨の信頼性が高まったり、3月末には米国でコロナ禍に対する追加経済対策で一人当り最大1,400ドル(約15万円)の支給があります。投資意欲旺盛なアメリカ人が仮想通貨に更に投資する可能性は非常に高いと考えます。

長期的に見れば1,000万円も超えると言われているビットコインは、利益確定よりも長期保有のほうがメリットが出せそうです。ここはそれぞれ考え方が異なると思いますが、私としては一定の金額を毎月買い増すことで、下がったときは多く、上がったときは少なくドルコスト平均法を活用して積立をしていきたいと思います。

ただし、投資に絶対はありませんし仮想通貨がどうなるかが誰にもわかりません。借金をしたりしての投資は非常にリスクが高いため、資産の1〜3%程度にとどめておくことをおすすめします。
また、資産がまだ少ない人はリスクを取って多めの金額を投資する方法もあります。自身のリスク許容度にあわせて積立ましょう。

仮想通貨 販売所と取引所の違いを解説 慣れてきたら取引所で買うほうががお得です

販売所とは?

販売所は、ビットフライヤーなどの各通貨販売所が直接ユーザーに通貨を販売する場所です。ユーザーは、金額を入力すればその分ビットコインなどが即座に買えるため便利ですが、高額のスプレッドが発生するため、通貨が大きく上がらなけれは売るときに手数料負けします。

取引所とは?

それに対し取引所は、ユーザー同士が板という取引でマッチングしたときに取引が発生する仕組みです。買う場合は自分が買いたい価格と数量を入力することで、その価格で売りたい人とマッチングすれば売買が成立する仕組みです。
直接の取引のため、スプレッドがない分取引所に手数料を払う必要があります。
欠点としては、マッチングしないと売買が成立しないため自分のタイミングで取引が成立しないときがあること(成り行きであれば基本すぐに取引成立します)、取引所ごとに最低取引金額が設定されているため少額取引ができないことなどがあります。自動積立でなければ、取引所での売買をおすすめします。

スプレッドとは

仮想通貨の売値と買値の差のことを示します。各仮想通貨販売所ではこのスプレッドを設定することで手数料代わりとなります。スプレッドは販売所や通貨、売買のタイミングにより変動するので比較は難しくなっています。

販売所での売買はスプレッドが発生する分、買いたい金額を入力すればその分だけ通貨が買えるため、長期投資であまり時間をかけずに取引をしたい、自動の積立で対応したいという方にはおすすめですが、通常の取引ではあまり使用しないほうが良いと思います。

おすすめの仮想通貨取引所の紹介とメリット・デメリットを解説

おすすめ取引所の内容比較

それぞれ特徴がありますが、用途によって使い分けるのが良いと思います。
ポイントは販売所のスプレッド 、取引通貨の種類、使いやすさ、手数料、セキュリティなど各取引所の特徴を確認しましょう

■各取引所の特徴を比較

ビットフライヤー


私が現在メインで使用している取引所です。
国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所であり、大手企業(SMBCベンチャーキャピタル、みずほファイナンスグループ、リクルート)などから出資を受けており安心感のある取引所です。また、FXが手数料無料でできることもありFXで人気の取引所でもあります。
その他、楽天などの買い物でビットコインがもらえたりTポイントをビットコインに変えるなどのサービスもあります。

私としては、ビットコインの送金手数料が0.0004BTCと比較的安いことも使用する理由となっています。

コインチェック


過去ハッキングでのトラブルがありましたが、その後証券会社大手のマネックスグループ傘下となり、セキュリティー面でも問題ない取引所となっています。
アプリがとても使いやすいのが特徴で、初心者におすすめの取引所です。デメリットとしては、スマホのアプリでは販売所での取引となりますので、取引所での売買はパソコンのみとなります。
また、自動積立もあり積立投資をはじめるのにもおすすめです。月間1万円からですが、毎日積立も選択をできますので、相場の変動に合わせてドルコスト平均方を活用できます。

Coincheckでの口座開設方法はこちら

あわせて読みたい
仮想通貨Coincheck(コインチェック)の特徴と口座開設方法 いろいろある仮想通貨取引所、取引を始めるのにどうやって始めればよい?おすすめの取引所は? このような疑問に答えます。 簡単に自己紹介します。40代のごく普通のサ...

ビットバンク


取引所手数料が非常に安く、すべてのアルトコインで取引所が使用できるのが特徴です。手数料は、ビットコインでメイカー0% テイカ−0.05%、イーサリアムの場合、メイカー、−0.02%、テイカ−0.12%となっています。メイカーは指値での注文、テイカ−は成行での注文のことになりますので、イーサリアムを指値で注文して売買が成立すれば、手数料はマイナスとなります。

ビットバンクでの口座開設方法はこちら

あわせて読みたい
仮想通貨bitbank(ビットバンク)の特徴と口座開設方法を解説 いろいろある仮想通貨取引所、取引を始めるのにどうやって始めればよい?おすすめの取引所は? このような疑問に答えます。 簡単に自己紹介します。40代のごく普通のサ...

GMOコイン


GMOインターネットグループ(東証一部上場)のため、安心感があります。入出金や送金などの手数料の大半が無料なのもおすすめのポイント。合わせてレバレッジ取引きも可能です。毎月1000円からの積立投資もあり初心者でも始めやすい取引所です。

おすすめの積立方法は?

あまり時間と手間をかけたくない方におすすめな方法

各取引所は、自動積立を用意しています。少額からの自動積立が可能。手数料はかかりませんが、販売所での積立となるのでスプレッドが高いのが特徴です。毎月固定の金額で手間をかけずに積立をしたいという方にはおすすめです。

各取引所ごとの積立方法の違い

■ビットフライヤー・・・1円単位で積立の設定が可能。毎日、週1回、月2回、月1回の積立頻度を選択
■コインチェック・・・月1万円からの積立。1,000円以上で毎日か月1回を選択。銀行口座引き落とし
■GMOコイン・・・月1,000円からの積立。口座残高からの引き落とし。

月の中でも変動するので、毎日積立等選べるのが良いですね。少額からならビットフライヤーが良いかも。

手数料はできるだけ安くしたい場合は

取引所で自分で指値での積立を行う方法です。スペレッドが少ないのでお得に積立ができますが、自分で操作をする必要があることと、指値の場合は取引が成立しない場合があるので、多少相場の読みも必要となります。

ビットコインは、相場の変動が大きいため、月初に低めの価格で指値を入れておけば、相場が下がったときに売買が成立するため、安く買えることがあり、おすすめです。そこまで下がらな方場合が、月末までの相場に近い価格で指値を入れて買付を行います。

貸仮想通貨(レンディング)とは。仮想通貨を貸して利息で稼ぐ方法

各取引所は、仮想通貨を貸して利息を得るレイティングのサービスも始めています。仮想通貨を長期保有する場合、インカムゲインはありませんのでただ持っているだけではもったいない。すぐに利確する予定がなければ、レイディングのサービスを利用する方法もあります。

国内の取引所のレンディングについては、最小単位が大きいため資産を持っている人向けではありますが紹介します。銀行に預けるよりは非常に高い年利です。

■Coincheck :対象通貨15通貨 最小数量10万円以上 預け入れ期間14日〜365日 年利1〜5%
■ビットバンク:対象通貨8通貨 最小数量 1BTC 預け入れ期間1年 年利1〜3%
■GMOコイン:対象通貨9種類 最小数量 0.1BTC 預け入れ期間 1〜6ヶ月 年利2〜5%

まとめ[仮想通貨は積立で継続することが大切です]

ビットコインは、テスラのCEOイーロン・マスク氏がテスラの資産を一部ビットコインにすると発言し、実際にビットコインを買ったことから一時600万円まで上昇しました。その後、一時400万後半まで大きく下がりましたが、この記事の執筆時また600万まで上昇と乱高下はしていますが、高値で推移をしています。米国決済大手ペイパルが決済に使用できると発表したことがきっかけで大きく伸び始めたビットコインは、Twitter社などその他大手企業も投資を始めたり、機関投資家が資産運用に組み入れると発表するなど、2年前のバブルとは状況が大きく変わってきています。乱高下はするものの、このまま継続して上昇することができると私は考えています。

上がり続けているので利確するタイミングは難しく、このまま長期間ホールドしたまま、レイティングや今話題のDeFiでの運用を行っていきたいと思っています。その当りのことはまた改めて報告します。

最後までありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代サラリーマンが、新しいことにチャレンジということでブログを立ち上へました。投資・副業にチャレンジしてセミリタイアを目指します。投資では現在月40,000円程度コンスタントに確定利益を出せるようになってきました。主にトラリピ、トライオートETF、インデックス積立で資産運用しています。最近は仮想通貨にも力を入れています。運用実績、運用方法などを発信します。

目次
閉じる