トラリピで毎月積み立て複利運用する方法を解説

困っている人

トラリピの設定をしましたがが積み上がった利益をどう活用したら良いですか? 毎月少しずつ資産を増やしていきたいと考えていますが、その設定方法を教えて下さい。

こんな悩みを解決します。

簡単に自己紹介します。

40代のごく普通のサラリーマンです。30代かから投資信託を中心に積立投資を始めましたが、なかなかセミリタイアするまでたまらず、最近は一部をトラリピ、トライオートETFなど自動売買にも回して資産運用をしています。今年から仮想通貨も再開しました。 自動売買では、月平均40,000円ほど利益を出しています。積立も合わせて早期リタイアを目指して運用をしています。

トラリピは利益と積立金額に応じてトラップを追加していけば複利運用できます

利益が積み上がっても自動でトラップは増えないので、自分で定期的に設定をする必要があります。トラップを増やすことで更に利益が出るようになっていきます。今回はこの追加トラリピの設定方法を解説します。

\早速口座開設をするならこちら。無料ですぐに開設できます/

マネースクエア
目次

トラリピの積立で複利運用する方法

私の運用しているトラリピの設定は

相場が変動すると都度設定を買えています。現在の設定は最新の記事をご確認ください。

私の基本設定はこちらの記事からどうぞ

トラリピって何?という方は口座開設から基本設定までこちらの記事で紹介しています。

積立分を追加でトラップを仕掛けるには

毎月の積立分と確定した利益をあわせて、トラリピに追加のトラップを仕掛けて複利運用をしていきます。

分かりやすいように図で表すとこんな感じになります。

毎月積み立て金額と確定した利益金額に合わせて、図の赤いラインのトラップを追加していきます。

トラリピの複利運用にはいくら必要?

カナダドル

私の場合、CAD/JPYは、毎月4万円積立して2本のトラップを設定しています。毎月の積立額が2万円ならトラップは1本、利益が2万円増えたらトラップを1本追加するという形で運用します。

トラリピ試算表とロスカットレートを試算してみます

仮に85円でトラップを1本仕掛けた際、20,000円用意すれば、ロスカットレートは67.7円となりました。
リーマン・ショック時の最安値68円を下回っていますのでそこまで下がっても問題無い設定です。

ユーロ

EUR/JPYについては、4万円の追加で1本のトラップ追加となります。ただし、カナダドル用に追加した4万円でカナダドルと同時に追加をしています。
ユーロについては、売りの設定をしており、ユーロの売り設定が増える状況では、カナダドルの買い設定は減っていく関係となっており、資金は補完できると考えています。

こちらは売りの設定で試算。120円で1本トラップを仕掛けると、153円でロスカットとなります。

トラリピの複利運用設定の仕方は

・カナダドル/円チャート

カナダドルは円安となり、当初の設定の86円ラインを上に抜けそうな状況ですので、基本設定を74〜88円に広げています。

今回は3月40,000円追加した際のの設定となります。

下のようなエクセルで、通常の設定にプラスして挟み込みの設定を追加すると分かりやすいと思います。
私の場合は、資金60万円で0.4円幅の設定をしていますので、その間の85円、85.4円の2本のトラップを仕掛けます。

設定画面はこちらになります。

トラリピ設定
通貨ペア:CAD/JPY
売買:買
レンジ:85ー85.4
注文金額:0.1
トラップ本数:2本
利益金額:800円

ここまで入力したら、「トラリピのリスクを試算」をクリック

運用予定額を今回は40,000円追加のため、40,000円と入力→「試算する」クリック
ロスカット水準が67.916円と表示されています。

リーマンショック時の最安値68円を下回っているので問題ないと思います。

このように毎月の積立金額や確定利益に合わせてトラップを追加していきましょう。

30万からトラリピを始めた場合

あわせて読みたい
トラリピを30万円で始める方法。積立で複利の効果を活かすには FXに興味はあるけどリスクが怖いです。自動売買でうまく稼ぐ方法があれば教えて下さい。でもそんなにリスクは取りたくないです こんな悩みに答えます。 簡単に自己紹介...

30万から始めた場合、基本設定は0.8円幅で設定していると思いますので、下のエクセルの表をみて、追加をしていきます。
0.8円幅の間にトラップを設定することによって0.4円幅の設定となります。

トラリピはできるだけ狭いレンジの中に、多くのトラップを仕掛けることができれば利益が出やすくなります。その反面、相場から外れてしまうと注文も決済もされなくなってしまうので、レンジ幅とトラップ本数をどうするかが設定のキモとなります。

まとめ:毎月の積立でトラップを増やして複利運用

毎月の積立と確定した利益で複利運用していくには、都度トラップを設定していく必要があります。設定は面倒な部分がありますが、追加することでトラップの幅を狭めていくことで収益が上がりやすくなります。

30万で0.8円幅、60万まで増えれば0.4円幅となります。同じレンジの中でトラップ本数を増やすことで、より小さな相場の変動で買いと売りを繰り返すことになりますので利益が出やすくなります。
頑張って継続していきましょう。

\早速口座開設をするならこちら。無料ですぐに開設できます/

マネースクエア にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代サラリーマンが、新しいことにチャレンジということでブログを立ち上へました。投資・副業にチャレンジしてセミリタイアを目指します。投資では現在月40,000円程度コンスタントに確定利益を出せるようになってきました。主にトラリピ、トライオートETF、インデックス積立で資産運用しています。最近は仮想通貨にも力を入れています。運用実績、運用方法などを発信します。

目次
閉じる